サラリーマン生活

扁平足なのでSIDASのインソールとOnitsuka Tigerを買った話

ホストとして有名なRolandさんは「俺か、俺以外か」という名言を残した。でも僕ならこう言う。

 

「扁平足か、それ以外か」

 

と。扁平足の人間はそれくらい毎日の生活に悩んでいる。履ける靴がない。夕方になると足が膨張し、靴が甲にあたる。帰りの電車内では常にほぼ靴を脱いでいる状態なのだ。臭いよ。

 

何を隠そう僕もそんな人間の一人である。常に靴に悩まされてきた。シューズショップに通っても通ってもフィットする靴がない人生を歩んできた。嫁に話したら

 

「その足についてる分厚い肉を切り落とせば?」

 

と真顔で言う。おれのこと人間だと思っていないアドバイスだ。嫁に相談することはあきらめて、僕はふたたび扁平足に悩まされる人が閲覧しているであろうウェブサイトや、あらゆるシューズショップに通って解決策を模索した。そしてここ最近、ほんの少しだけど解決に近づいたような気がしているのだ。ちょっとその内容を書いてみたいと思う。

 

インナーソール「SIDAS」との出会い

僕はある日仕事で恵比寿リキッドルームに向かっていた。現地へ向かう途中にあるシューズリペアのお店を通りかかったのだが、ふとインソール「SIDAS」が紹介されている看板に気づいた。

 

僕は気づいていた。土踏まずのアーチがほぼないせいで足がむくむととんでもなく膨張し、スニーカーを履いてるだけで痛くなるということを。アーチをキープしてくれるインソールがあれば多少は改善されるかもしれない。僕はお店に駆け込んでいた。

 

店主は優しく僕の悩みを聞いてくれて、オススメのインソールを出してくれた。試しにスニーカーに入れて歩いてみなよ、と。まるで山小屋にいる宿主が騙されたと思ってビール飲んでみろよ山で飲む酒は最高だぞと言わんばかりに。僕は言われるがまま履いた。

 

f:id:kocoronoblue:20191024100737j:image

 

こ…これは異次元の快適さ…!!!

 

 

そういうことだったのか。硬めに作られたアーチのあるインソールが、足の膨張を多少なりとも食い止めてくれるのである。今まできつかったスニーカーも何とか夜まで履けるようになった。本当にありがとう、店主。インソールがここまで快適さを左右するとは思ってもいなかった。

 

 

スニーカーを探す日々

続いてもうボロボロになったスニーカーを買い換える時期がやってきた。42歳にもなって汚いスニーカーを履いているのは精神衛生上悪い。一言いいわけさせてもらうとすれば、靴を買えないほどお金がないわけではない。履ける靴を売っていない世の中の靴屋が悪いのだ。

 

世はインターネットショッピング全盛期。ネットで買えよ、と言われてもおかしくないが、僕が靴屋に通う理由はだいたい100個くらいある。そもそも普通の足ではない人間が試し履きもせずスニーカーを買うなんて自殺行為に等しい。日本で手に入るあらゆるメーカーの靴を調べてみた。

 

まず候補に上がったのは、デザイン的にも足幅的に及第点である伝統的なブランドasahiシューズだ。3E〜4Eサイズのモデルを数多く揃えており、デザイン的にもややDAD感あるけどそれがある意味かわいいかもしれない、と思い銀座にある旗艦店に訪れてみた。

 

 

在庫がない!サイズがないよ!!!!

 

 

履いてみたい靴はサンプルすら置いておらず、「どーやったら履けるのこれ?」みたいなおじいちゃんシューズしか試し履きできなかった。いくら足がつらいとはいえ、まだおじいちゃんシューズを履くほどには老けていない。残念ながらasahiシューズのスニーカーは諦めたが、いつか手に入れたいと思っている。比較的安価でGORE-TEX素材のスニーカーが手に入るあたり良心的といえるだろう。

 

 

そしてOnitsuka Tigerへ

続いて自分はOnitsuka Tiger新宿店に向かった。そう、以前自分はOnitsuka Tigerの「lawnship」というモデルをこのブログで紹介したことがある。そういえばギリギリ履ける靴がここにはあったな、と思い出した。

 

店員さんに向かっていきなり「幅広めの靴で、インソールが外せるモデルはどれですか?」と聞いた。なんだよこいつ、と思われたに違いない。ファッションではなく履ける靴ならなんでもいいみたいな態度。女だったら誰でもいいんだよ、みたいな態度は唾棄されるべき思考だが、ほぼそれに近い打診の仕方だった。しかし店員さんは笑顔で

 

「こちらとこちらのモデルは幅広めですね〜。ソールは…ちょっと外してみますね^^」

 

危ない。僕が独身だったら彼女の笑顔に恋していたかもしれない。僕の不躾な質問から「このおっさんは足に悩んでいる」と察して機転を利かせてくれる店員さんありがとう。

 

店員さんがオススメしてくれたのはhorizonというモデルの黒。

f:id:kocoronoblue:20191024100517j:image

 

 

そして定番のMEXICO66(レザー/ホワイト)だ。

f:id:kocoronoblue:20191024100618j:image

キャンバス素材のMEXICO66は頑丈に作られて足に合ってくる、みたいなのは無いらしいがレザー素材は足馴染みするためオススメです、と言われた。なるほど試し履きしてみよう。

 

 

 

どっちもかっこいいやんけ!

 

 

 

そして足幅もSIDASを入れればギリギリ大丈夫そうだ。さあどっちにするかな。最近僕は服に悩むことがめんどくさくなってモノトーンの服しか着なくなっている。モノトーンなので靴も黒か白が良かろう。今までは白のスニーカーが多かったが、黒もかっこええなあ。悩むなあ…。

 

 

「どちらもお似合いだと思いますよ^^」

 

 

はい店員さん優勝〜その笑顔優勝〜。ということで二足とも購入しました。もう迷うことはない。ありがとう店員さん。

 

そんなわけで、SIDASのインソールとOnitsuka Tigerのスニーカーというコンビでしばらく扁平足のツラさと戦ってみます。

 

 

この紺色のラインもメキシコの定番カラーって感じでかっこいいよなー。

 

僕が購入したのはこのモデルかな。SIDASをamazonで検索かけるとリーズナブルなものも出てきます。別にセミオーダーにしなくても、SIDASであれば快適なインソールになると思います。

 

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

 

関係ないけど最近ROLANDさんの動画ばっかり見てる。虜になってしまうぜ…!